Janis World

ブログトップ

沢田研二はやっぱりすごい!

沢田研二が昨年、東京ドームで60歳記念コンサートを開いた時の
DVDが発売されたらしい。

最近、トンとTVに出なくなったジュリーだが、
根強い人気だったことがわかる。

なんたって、東京ドーム。

太ってしまったが、あの妖しい色気と、
パフォーマンスは健在だ。

思わず見入ってしまった。

60歳はまだまだ現役バリバリだぜ!って感じがする。

TVから干された感のあるジュリー。
東京ドームでコンサートやるくらいなんだから
テレビにも出してもらいたいもんだ。
もったいないよ。

こんなすごいパフォーマー、もう、でてこないかもしれないんだからさ。







そもそも、俺は昔から、
歌謡曲だ、ロックだ、ニューミュージックだっていう”くくり”が好きじゃなく、
良い(好き)、悪い(嫌い)で判断していた。

バンド仲間たちが、
「そんなのニューミュージックみたい」とか、
「もっとメッセージ性が・・・」とか、
「マイナーコードは・・・」とか、
そういった講釈が大嫌いだった。

それは料理にも似ていて、
「世界3大珍味」だろうが、「天然」だろうが、「塩分控えめ」だろうが、
そんなことはどうでもよく、
「美味いか」「不味いか」のどちらかでいいのだ。

20代前半まで、そんな反対意見にも反論とかしていたが、
だんだんと、人がどう思っていようとどうでも良くなってきて、
いまや、反対意見を聞こうものなら、
そこから逃げ出してしまいそうになる自分になってしまった。


話がずれてしまったが、

ジュリー。

こんなに過去の音楽にこだわってしまうのは、
最近のミュージシャンたちが小粒になってしまったからかもしれない。

俳優同様にね。

[PR]
by janisworld | 2009-06-30 17:07 | 呟き