Janis World

ブログトップ

カテゴリ:ため息( 22 )

ソーニャはいずこ?

最近の日本の政治家や官僚、
マスコミなどの行動を見ていると、

フョードル・ドストエフスキーの「罪と罰」を思い出す。

彼らには、​ソーニャはいないのか・・・?
[PR]
by janisworld | 2012-01-26 18:42 | ため息

いらねぇ

台風が各地で猛威を振るっている。
日本はこのままどうにかなっちゃうのか?
と心配してしまう。


地震・津波・放射能・台風・・・。


人の手に負えるものは一つも無い。

e0171703_16393387.gif

[PR]
by janisworld | 2011-09-04 16:40 | ため息

息子のバスケットの話の続き・・・。

まさか、もうバスケット部の話を書くことになるとは
夢にも思っていなかった。

しかし、ああ、しかしどうしても理解不能な一件が訪れたのだった。

昨日、息子から聞いた話なのだが、

補欠チームにK君がいる。
K君は補欠チームの中でも、使ってもらえない子であった。
補欠チームのメンバーは、練習試合で、
ゲームの終盤に1分とか使ってもらえていたのだが、
K君は使ってもらえないときのほうが多かった。

だが、チームで2,3番に3ポイントシュートの成功率が高い。

そして、K君の親は、このチームの保護者会の会長を献身的に勤めていた。
(ちなみに、昨年はコーチの奥さんが会長だった。)

そんなK君は、いつも補欠チームがレギュラーチームに勝っても、
彼一人だけは、
「いやいや、レギュラーチームが手抜きをしてくれたんだよ。」と
息子たちに言うほど、コーチの判断が正しいと思っている、
息子曰く、「ショッカーの戦闘員の優等生」であった。


昨日、学校で、息子はK君に、
先日の試合のVTRが存在することを聞かされた。

例のコーチの家が代表で撮っていたんだそうだ。

もちろん、息子や、他の補欠チームの生徒には配られていないのだが、
レギュラーチーム&K君には手渡されていたんだと。

それでも結構活躍したゲームなので、
補欠チームのメンバーも欲しいと言い出した。


ところが・・・・・。


K君は急に怒り出して、皆に言ったそうだ。

「俺たちのプレーは、ほとんどカットされていて、
 ほとんど無かったレギュラーチームの良かったプレーの編集版みたいだった。」と・・・。

初めて、5分以上試合に出て、しかも、得意の3ポイントを決めた。
そんなシーンが見たかったK君は、
余りに偏った編集DVDに腹を立て、
自分の親に、コーチへ抗議(?)してくれと頼んだらしいが、
親は、「まあまあ・・・」と内心はどうだか解らないが、
これ以上コーチとはかかわらないように言い聞かせたらしい。

納得行かないK君はついつい、皆に八つ当たりをしてしまったんだとさ。


この話を息子から聞いて、
私は狐につままれたような気分?と言おうか、
とても変な気持ちになっている。
(怒りとかではない)


なぜ?編集したんだろう?
補欠チームとは言え、息子は別にしても、
他の子達はコーチの無茶振りを我慢して我慢して耐えてきたのに、
同じチームの仲間ではないのか?

その子たちが、最後の最後で頑張った試合の姿を録画したんだから、
編集など、手の込んだことをしなくても、
渡してあげればよいのに。

幾ら自分の息子が可愛くて仕方の無いコーチだとしても、
自分についてきた子供たちではないのか?

理解に苦しむ。

今まで46年間生きてきて、初めて出会った、
まるっきり心が読めない唯一の人間だ。
ある意味、幽霊より怖い・・・。


どういう風にそのコーチの人間像を理解していいのかがわからず、
モヤモヤ感一杯なのだ。

また、今まで虐げられてきた子供たち(補欠チーム)の親は、
憤りを感じながらも、
なぜここまで卑屈になって知らん顔を決め込むのか???

何か恐ろしい影にでも怯えているのか?

おかしなことに「おかしい」と言い、
無理難題には「NO」と言った息子に対してのことなら解るのだが、

従い着いてきた、無垢な子供達に対して、
なぜ?このような差別的な行動が取れるのだろう?

誰か解る人、解説してください。
[PR]
by janisworld | 2011-06-23 17:49 | ため息

息子のバスケット人生の終焉

結局、一昨日の土曜日で、
息子はバスケット部を引退した。

中信大会という長野県の中部代表を決める大会の予選、
松本市の中学校大会、通称「市中」の2回戦で負け、
3年生は引退となったのであった。

読者諸君はご記憶しているだろうが、
色々と問題のあるチーム。

その最後の試合もやはり・・・・。

レギュラーチームのみで辛くも1回戦を2点差で突破。
第二試合は優勝候補といわれるM校。

4ピリオドまでゲームはあるのだが、
2ピリオドが終わった時点で「9:64」

その差、約50点で完全にチームはあきらめムード。
そしてようやく補欠チームの登場だった。

補欠チームは『補欠』でめったに試合に出してもらえないのだが、
(通常の試合は各1分程度)
50点差なので か、3ピリオドは全員とも補欠だ。
しかし、補欠チームは練習では、4人でもレギュラーチームを倒す。

相手のM校は、背のデカイ選手が居て、彼が独り舞台でリバウンド、
ゴール下からのシュートで得点を稼ぐチームだ。
また、もう一人3ポイントシュートが入る選手も居る。

補欠チームは、例のコーチの言うことは無視して、
好き勝手にやろうと話していたらしい。
最後だからと・・・。

3ピリオド、8分。

デカイヤツをマークし、
リバウンドもさせないようにし、
3ポイントには一人マンツーマンで付かせる作戦が的中!

M校は何も出来ず、時間が経つにつれ、
点差はドンドン縮まっていく。

平日補欠チームでこっそり練習していたトリックプレーや、
ダブルクラッチ、3ポイントシュートなど、
炸裂しまくり、沈黙していた会場は大騒ぎ。

38:70まで追い上げた。
3ピリオドでは 20:6で圧勝なのだった。

しかも、3ピリオド終了間際、M校のエース、
「デカイヤツ」が交代した。
リバウンドのとき息子のエルボーが顔に入ってしまったのだった・・・・・。

大興奮の中、第4ピリオドは始まった。

押せ押せムードでM校無得点、息子のチームが44点、残りの点差26点、
しかもデカイヤツいないし・・・・いける!いける!!
補欠チームの父兄は 『初めて見る自分の息子の活躍』に、
絶叫していたその時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





レギュラーチームと全員交代・・・・・。





48:80で完敗であった・・・・。


こうして、小学4年生から始まった息子のバスケットは終わりを告げたのだった・・・・。
[PR]
by janisworld | 2011-06-13 13:08 | ため息

ヤマトイワナの塩漬け

福島第一原発~放射能関連のニュースを見るたびに、
悲しい気分になる。

政治の話に触れるたびに、
虚しい気分になる。

芸能人や、スポーツ選手がCMで、
絆をなんとかかんとか 言っていやがる。

世界中の人々、個人個人に
「戦争」について問うならば、
答えは「NO!」がほとんどのはずだ。

なのに国家が絡むゆえか、
戦争はなくならない。

それと同じで、
今の日本、国民が絆を結んで頑張ったところで、
果たしてこの国は良くなっていくのだろうか?

ペテン師「管」がグズグズしていて、
いつ辞めるのかさえハッキリしていないうちに、
大連立だと世論は動いている。

自民、民主が連立?

国民は、自民がダメで民主に政権交代し、
すごく期待した。
鳩山は沖縄基地問題で訳解らない行動をし、
管に変わったら、
マニフェスト一切無視!
その中に、仙石も、前原も、岡田も、枝野もいた(いる)んだぞ。
期待の小沢は調べれば調べるほど、わけの解らない事件で犯罪者扱いされ、
蚊帳の外。
結局、民主もダメじゃん。

ダメダメ二政党が連立・・・・やっぱダメじゃん!
と思ってる人も多いのではないか?

選挙のときは謙虚に「皆さんのために頑張ります!」と、
ペコペコしていたオジサンは、
当選してしまえば、偉そうに踏ん反りかえる。
挨拶すらしない。

コレが普通だ。
当たり前だ。

テレビ局には圧力がかかり、
本当のことなど流しやしないし、
ジャーナリストも地に落ちたもんで、
黒い金握らされて、偏った報道ばかり。

知らず知らずのうちに増税するだろう。
電気代も上がるだろう。(すでに上がってるし。)

情けないのは、
オレがこんなところでこんな愚痴吐いたって、
何も変わらない非力だって事。

以前の業界に居たときの、
何もしないくせに文句ばかりいうロクデナシと同じだということ。

結局、日本全体で物事を考えたとき、
一部の人間が自分に都合のいいように、
この国を動かしていて、
一般国民は居てもいなくても変わりはない程度なんだということ。

そして、この国を動かしてる僅かな人たちには、
良心なんて無いって事が、
この数ヶ月で露呈した。

そんなことは無いぞって君が居たら、
何かやってみろよ。

デモ?テロ?

かつて、この国のために死んでいった兵隊さん達は
どう思うのだろう・・・・。


そのうち、国家破綻して、金持ちは海外に逃げ、
散々な暮らしになるかもしれない。
そうしたら、C&Rなんていってられないね。

ヤマトイワナの塩漬けや燻製を食べる日も、
そう遠くないのかもしれない・・・・。
[PR]
by janisworld | 2011-06-10 13:40 | ため息

言論の自由

なんか、懐かしい人からのメールが多い。
皆不安なのかな?

NEWSは本当のことを伝えているのかな?

タレントがしきりに「日本を一つにして頑張ろう!」
っていってるけど、
一つになれるのかな?

管をリーダーとして・・・・大丈夫かよ!
無理だな。
嫌だな。
勘弁だな。



ゆずだよ。聴き易いだろ?
[PR]
by janisworld | 2011-04-02 19:37 | ため息

それから

何も変わっちゃ居ない。

原発の心配(不安)ばかりが続く。

オレの友人は芸能人なので、
何か動き出すかな?と思っていたが、
いっこうに動く気配が無い。

メールしてみたが、
まじめに考えてはいるのだけれど、
どうしていいのか解らないでいる。

せっかく顔と名前が知られているのだから、
長野県の市街地を回って、
地方局と連携しながら義捐金でも集めたら?と提案したのだけれど・・・・。

彼のブログは、
自分の考えたロゴが載っていて、
それで何とかできないか?

とあった。

思わず絶句・・・・。

自分でシール作ったり、
リストバンドやTシャツ作って、
その売り上げを寄付とかまではしない(出来ない?)らしい・・・。

悲しくなった。

かつての彼は、
原発反対デモにまで参加するほどのやつだったのに。

そういう、彼の生真面目な正義感が好きだったのに・・・・。

いったい、どうしちまったっていうんだ!

とても残念に思う。


そんな中、
息子がインフルエンザにかかり、
治ったと思ったら、
お袋に移り、歳の為、脱水症状となり、
病院で点滴をしに行ったりと、

オレのこの一週間は、
息つく暇も無い。

なぜか毎年、3月は忙しい。

嫌になる。

この国の春の訪れを心待ちにする毎日だ。
[PR]
by janisworld | 2011-03-27 17:25 | ため息

どうしろっていうんだよ!!

政治のことはよく解らない。
よく解らないなりにNEWSを見る。

そして疑問が残る。
誰か教えて!

普天間のこと。

移転先が決まらない。
県外と言っていたが、受け入れるところが無い。
県内でも米軍出て行ってくれと9万人集会。

と言うことは海外。
アメリカはそれを認めない・・・・?

じゃぁどうすれば?

この、「どうすれば?」ってところを喋るやつがいない。
皆、文句ばっかりだ。

西野川C&Rエリアの頃を思い出す。


[PR]
by janisworld | 2010-04-30 17:35 | ため息

俺の音楽史・フォーク~ロックへ その1 「少女M」  

振り返れば中学一年生。
息子と同じ年齢のときだ。

中学に入学して、友達たちは少し変わった。
フォークを聴くようになったのだ。

俺は姉の影響から、おませさんだったので、
小学校の時には、姉が聴くレコードを一緒に聴いていた。
というより、聴かされていた。
レコードプレーヤーなんだもん、当時は。

友達だけでなく、全生徒がフォークソング。
山奥の田舎は少し時代から遅れている・・・・。

入門編はダントツ「かぐや姫」。

そのあと、「アリス」や「松山千春」、「さだまさし」などへ
枝分かれしていくのだが、
とにかく、皆、「かぐや姫」が好きであった。

俺は、姉がレコードを全て持っていたので、
結構な曲は知っていた。

そして、もう飽きていたんだ・・・・。


ある時、水疱瘡だったか、祖父さんが死んだときだったか忘れたが、
長期で学校を休んだとき、
昼のFMで、「風」の特集を放送した。

ものすごく得した気分で、エアチェック(録音すること)し、
何度も繰り返し聴いた。

一番気に入ったのがこの曲。




おませさんでしょ?
今の息子よりおとなだったよな~絶対!


More
[PR]
by janisworld | 2009-12-21 14:17 | ため息

そして・・・。

薬師丸ひろこ繋がりで、ここのところ続けてきたが、
コレで終わり。

このドラマ&曲で、
当時高校3年生だった俺は、

一丁前に、「青春が終わっちゃった」様な気がしたんだな。

次の世代へバトンタッチしたような気分だったっけ・・・。




俺はきっとあの時に、
「大人への扉」を開けちゃったんだろうなぁ・・・・。

とっても懐かしく、
また、ひねくれてた自分をやり直したくなる一時期なんです。

思えば、たった二年間のラブコメ時代とでも言おうか。

さて、次回からは「フォーク~ロックへ」と題しまして、
俺の好きだった音楽を古い順からご紹介していきます。


そうそう、昨日の水曜日、西野川でアマゴの放流してきました。
来春が楽しみです・・・・降らなければ・・・・。

[PR]
by janisworld | 2009-12-17 17:28 | ため息