人気ブログランキング |

Janis World

ブログトップ

タグ:邦楽 ( 12 ) タグの人気記事

ある人と話をしていて、
やっぱり少し政治の話になった。

その人は「小沢」のことをボロクソにけなした。
ヤツは絶対有罪だって。

記載ミスくらいで大騒ぎしているのでは?と俺。

いやいや、絶対に裏金貰っているに違いないと彼。

まぁ、それはそうかもしれないけれど・・・他の政治家だってと俺。

ところで、何でそんなに「小沢」嫌いなの?と聞いてみた。

そしたら・・・・「顔」が嫌いなんだ! と・・・。


・・・・う~ん・・・それなら仕方ないか・・・と妙な納得をしたのでありました。

25年ほど前に、パッと出て消えていった名前も知らないバンドと、
妙に覚えているあの迷曲が頭の中を駆け巡るのでした。



by janisworld | 2010-06-07 11:59

プカプカ

西岡恭蔵の「プカプカ」聞いてて、
もっとブルースっぽいの無いかなーとか、
憂歌団のやつないかなーと探していたら、

こんな素人の娘さんがウクレレでブルースしてた。

なので紹介しようと思うのだけれど、
解ってくれる人いないかもしれない。
まぁいいか・・。



by janisworld | 2010-05-28 13:40

我慢が大切

これならどうだ!


by janisworld | 2009-12-04 16:48 | 遠吠え

ROSIE

俺が18の頃、
空前絶後のバンドブームのちょっと手前、
博多めんたいロックバンドがいっせいにデビューした。

出て行ったばかりの、東京のLIVEハウスや、ホールは熱かった。

その中でちょっと異質のバンド、ルースターズ。
俺は余り好きではなかったんだけど、
この、「ROSIE」だけは、今でも聴きたくなる。

単純なスカ、単純なコード進行だが、
とっても素敵な唄だ。




最近のTVでは、こういったストレートなロックバンドが出てこず、
HIPHOPや、ダンスミュージックばかり・・・・。

なぜ音楽番組は未だに若者向けなのだろう?

俺たち中・高年の方が、人口 的にも多いだろうに・・・・。

また、BANDブーム来ないかなぁ・・・・といつも思っているのであった。

by janisworld | 2009-12-01 19:59 | 囁き

さよなら世界婦人よ

石原裕次郎氏の二十三回忌法要が
7月5日に国立競技場にて行われるとのこと。
報道によれば、費用約20億円をかけるんだってさ。

いい映画作ってくれ!

いいTVドラマでもいい・・・・。

そのほうが浮かばれるんじゃないか?と思うのは俺だけなのだろうか?


TBSで、「官僚たちの夏」というドラマが始まるらしい。

『原作は城山三郎氏の小説で、昭和30年代の旧通商産業省が舞台。日本を豊かな国にしようと使命感に燃 える官僚や政治家たちの物語を北大路欣也ら豪華キャストで描く。』 

とhPにあった。

この時期に官僚や政治家の熱い物語・・・・?

政治的な匂いがする・・・・。


今まで築き上げてきたイメージ社会が飽和点に達した気がする。

行き先は?
舵取りは?

この唄に反応してくれる人、いるのかなぁ・・・・。





=CM=

ついに完成!猿丸オリジナルジーンズ、最後の1品
「HIDEYOSHI」

e0171703_17453940.jpg

by janisworld | 2009-07-05 17:47 | ため息

Oh!RADIO

どうも清志郎ネタになっちゃっていけないんだが・・・・。

昨日発売の遺作を買った。


e0171703_13411492.jpg


Oh~ラジオ~あの頃がまんま蘇るあのナンバー~♪

そうなんだよ、昔はラジオばっかり聴いていたんだよ。

エアチェックしていたのさ。
自分だけのヒットカセットを作って、
友達と交換なんかしてさ。

リクエストもした。
ハガキが読まれるとうれしくってね。

木曽の山奥では聴ける筈のない「FM東京」が聴きたくて、
(当時、FM長野なんてのは無かった。)
電気屋さんでデカいアンテナ買って、
親父と二人で屋根の上に水道管ぶっ立てて、
山から跳ね返っているだろうはずの、
「FM東京」を傍受したんだ。

ラジオから聴こえる東京の匂いは、とても刺激的で、
テレビでは決して流れない歌を聴いてたんだよ。

聴いてるはずもない、
聴くわけがない、
あの娘の知らないヒット曲だぁってニヤニヤしてたんだ。

そうなんだ、ラジオなんだ。




俺はこの歌を聴いて、

「あの頃がまんま蘇ってしまったんだ・・・・・・。」

by janisworld | 2009-06-18 14:05 | 呟き

すべてはALRIGHT

40も半ばになると、もう50が見えてきて、
色々なことが、
こだわっていたことなんかが、
どうでもよくなってきて、

感受性に乏しいというのだろうか、
いや、感情に蓋をする術を身に付けたといった感じで。

年齢のせいではなくて、
ここのところ、哀しい出来事が怒涛のように過ぎ去ったせいもあるかもしれない。

同じ歳や、それ以上の人でも、
今だに、感情むき出しの人もいるから、
やっぱ、年齢とは関係ないのかな?
そういう人がうらやましくもあり、
また、かかわらないようにしたい気持ちも有ったりする。

唯一、息子の成長と、
音楽にだけは関心が高く、
毎日必ず休憩時間を作って、
Youtubeを検索したりしているのだった。

本日、「ROCKN’ON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951-2009」
という、清志郎の追悼本が発売になった。

一番近い24時間営業の本屋さんには入荷がなく、
少し行ったところの大きな本屋さんの駐車場で開店を待ち、
開店と同時に購入した。


e0171703_18321137.jpg


生前のインタビューをまとめてあるのだが、
読んでいく中で、
清志郎も色々悩みながら、
でも、ドンドンそれが気にならなくなっていくさまが読み取れ、
嬉しくなった。

「毒が溜まっては吐き出し、溜まっては吐き出す」の繰り返しから、

気にしないように、
毒を溜めないように、
跳ね返すように、
どうでもよくなって行くように・・・・。

今夜はまたもやRCサクセションだ!
悩める友人たちに送る・・・。



by janisworld | 2009-06-05 20:54 | 遠吠え

深い意味

深い意味なんて無い。

とても懐かしい。

若気の至り?

カッコイイと思っていた。

皆、嫌いだろ?
そこがいいんだ。

でもこの唄には深い意味が含まれている・・・・。

そこも好きだ。



by janisworld | 2009-06-02 19:43 | 遠吠え

不安な気分

雨風が強い。
朝晩冷え込む。
5月中旬、もう下旬?なのに、ストーブ使ってる。

毎年、毎季節、異常。異常で、ようはこれが普通?

季節感なんて、無くなるのだろうか?

温暖化って言うけれど、本当なの?と疑問を感じる。
太陽の黒点は、何ヶ月も観測できないって言うし、
北極の氷は観測至上一番大きかったらしいし、
何がなんだか、頭の悪い俺には良くわからないんだ。

TVでは、清志郎の葬儀にヘリまで飛ぶし、
俺は大好きだったけど、国民的ロックスターだったっけ?
何大騒ぎしてるんだ?

もし、上田正樹が死んだら、同じように大騒ぎになるのかな?

東のRC、西のサウスだったからな。

TVで民主党党首選やってたけど、
岡田って、あんなに人気あったのか?
とか、
小沢が悪の根源みたいな言い方してたの見て、
どこか、情報操作されているような、洗脳されてるような不安な気持ちになっちゃいました。

俺のブログも、清志郎ネタ多かったけど、
今日で一区切りつけます。

TVで一番流れているこの曲。
メッセージ性に富んでます。



by janisworld | 2009-05-17 20:03 | ため息

のたりのたりかな

ちょっと日常に戻った。
いつもの毎日がまた始まった。

朝晩は冷えるけど、今日は日中暖かだったな。

春はぼんやりしてしまう。

とても気持ちよくぼんやりしてしまう。

そういう気分のときは、思いっきりぼんやりとして、
お茶を飲んで、お菓子をつまんだり、
好きな音楽でも聴こうじゃないか。

そういう日に憧れる。

これ、かっこいいから見てみて。



by janisworld | 2009-04-06 19:11 | 一息